SCORE CARDBACK NUMBER

菊池雄星、今季はシアトルへ。
日本での開幕戦は夢の競演も?
~イチローが菊池の背後で守る姿が見られるか~

posted2019/01/24 15:00

 
菊池雄星、今季はシアトルへ。日本での開幕戦は夢の競演も?~イチローが菊池の背後で守る姿が見られるか~<Number Web> photograph by KYODO

本田圭佑を参考に、入団会見で流暢な英語を披露した菊池。大リーグ公式は「菊池が加わる先発陣はナイス」と評した。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 2019年を迎えた直後、菊池雄星のマリナーズ入団が決まった。最長7年ながらも、4年目以降には菊池と球団の双方がオプション(選択権)を持つユニークな契約内容となった。最初の3年が計4300万ドル(約47億3000万円)、菊池がオプションを持つ'22年が1300万ドル(約14億3000万円)、球団がオプションを持つ'23年からの3年間が計5300万ドル(約58億3000万円)。双方にとって利点の多い契約に、菊池への期待度が表れていた。

 今オフのマリナーズはカノら主力選手を大量放出し、今季以降へ向け、抜本的なチーム再建に着手した。総年俸の上昇を抑止する一方で、他球団の有望な若手を続々と獲得。目先の1年ではなく、中長期的にポストシーズンを狙えるチーム作りを目指す方針へ舵を切った。その中心的な存在として、白羽の矢を立てたのが27歳の菊池だった。以前から熱烈なラブコールを送ってきたジェリー・ディポトGMは、満面の笑みを浮かべながら言った。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

シアトル・マリナーズ
菊池雄星

MLBの前後のコラム

ページトップ