福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史が称える森保JのVAR対応と、
強敵イランの要注意人物はアズムン。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/01/25 17:30

福西崇史が称える森保JのVAR対応と、強敵イランの要注意人物はアズムン。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

VARによる堂安律のゴールのみの1-0だったが、酒井宏樹らの対応は非常に冷静だった。

何でもできるアズムンは厄介。

 186cmの長身を生かして最前線に張ったかと思えば、中盤の位置までボールをもらいにいって、それをフリーの味方にさばいて……と攻撃のリズムを作る。

 そして相手の最終ライン裏に抜け出すタイミングもよく、いわゆる“予備動作”も絶えず意識している。テクニック、フィジカル、そしてオフザボールの動きも優れているので、マーカーとしては非常に対処しづらい。マークの受け渡しなどで集中し続ける必要があります。

 イランを率いるカルロス・ケイロス監督も策士なので、試合が始まってからの対応力がこれまで以上に問われるはず。日本としてはとにかく、自分たちのミスを少なくすること。

 そしてサウジ戦、ベトナム戦と硬い試合が続きましたが、イランの積極性を見ている限り、撃ち合いになる可能性は十分にあります。どんな展開になるにせよタフな相手ですが、強敵に勝ちきることで自信と成長を得てほしいですね。

(構成・茂野聡士)

関連記事

BACK 1 2 3 4
堂安律
酒井宏樹
サルダル・アズムン

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ