プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人・小林誠司が生き残るために、
打撃だけではない重要な課題とは。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/04 10:30

巨人・小林誠司が生き残るために、打撃だけではない重要な課題とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

盗塁阻止率は2018年も.341で3年連続リーグトップを誇るが、打率はここ4年で一度も2割3分を超えていない。

小林は素質がある捕手だから。

 間違えて欲しくないのは、小林は他チームに行ったらほぼ、どの球団でもレギュラーになれる素養のある捕手だということだ。

 それだけ捕手として能力値が高い、素質のある選手なのである。

 その捕手としての幅をどれくらい本人が自覚できるかだ。本人が語るように、炭谷とのレギュラー争いを勝ち抜くためには、もちろん打つに越したことはない。

 ただ、このオフに本当に磨くべきは、打撃だけではないはずなのである。

 投手とアンパイアに信頼される捕手になる。それで小林が2割4分を打てれば、巨人の捕手はしばらく安泰のはずである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
読売ジャイアンツ
小林誠司

プロ野球の前後の記事

ページトップ