JリーグPRESSBACK NUMBER

札幌の内村圭宏、ザスパの松下裕樹……。
トライアウトから始まる新たな物語。 

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph byTetsuro Kaieda

posted2018/12/18 08:00

札幌の内村圭宏、ザスパの松下裕樹……。トライアウトから始まる新たな物語。<Number Web> photograph by Tetsuro Kaieda

コンサドーレ札幌にあって怪我で活躍の機会を奪われていた内村圭宏。完全復活した今、捲土重来を期す。

故障も癒え「もうすっかり大丈夫」。

 プロ16年間で積み上げた数字は、Jリーグ通算387試合89得点。本来、この場に立つ必要もないほど、立派な看板を持っている。

「出場機会が少なくなり、最近、あいつの名前を聞かないな、故障持ちなのかと周りから思われているはず。実際にプレーしているところを皆さんに見てもらい、そのイメージを払しょくしたかった」

 今季、札幌はクラブ史上最高となる4位の成績を収め、ACL出場権の獲得まであと一歩に迫った。一方、内村はわずか1試合の出場に終わっている。

「試合に出られないなかでも学んだことは多くありました。自分のプレーを見つめ直す、いい機会だったと思います。コンディションの面では9月に右足首を痛めて、それが思ったより長引いてしまって。

 今日は久しぶりに痛みを気にせずプレーできましたね。もうすっかり大丈夫です。欲を言えば、周りを使うだけではなく、自分でゴールを決めたかった」

選手だけでなく、監督もこの場に。

 捲土重来を期すのは選手だけではない。

 2017年、就任初年度からブラウブリッツ秋田をJ3優勝に導いた杉山弘一監督は、今年7月、チームの成績不振により解任。来季はJFLの奈良クラブを率いることになり、トライアウトの視察に訪れていた。

「クラブの体制が大きく変わり、新たなプロジェクトに共感できたのが仕事を引き受けた理由です。

 また、もともと自分は大阪に育ててもらった人間なんですが、プロになってからは地元で関りを持ったことがなかったんですね。関西からもうひとつJクラブを生み出す。それも動機のひとつでした」

【次ページ】 ゴールはJFL優勝のもっと先に……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
松下裕樹
ザスパクサツ群馬
前田悠佑
V・ファーレン長崎
内村圭宏
北海道コンサドーレ札幌
杉山弘一
奈良クラブ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ