プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

全日本プロレスの「世界最強タッグ」。
ガンから復帰・優勝した男の物語。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/12/13 16:30

全日本プロレスの「世界最強タッグ」。ガンから復帰・優勝した男の物語。<Number Web> photograph by Essei Hara

重量感たっぷり、パワーも凄い! 全日本プロレスのマットで久々に外国人レスラーの存在感が炸裂した!

その先には三冠ヘビーが……。

 抗がん剤などの化学療法がプロレスラーの肉体に与えるダメージは計り知れない。でもドーリングはそれらと立派に戦い、「100%治癒した」と皆に堂々と宣言してカムバックを果たした。

 この優勝を決めたリングで、ドーリングは大事にしていたその旗を取り出し、これまで励ましてくれたファンに感謝の気持ちを伝えた。

 ファンからの声援と自身の「ビッグハート」が、ドーリングにとってカムバックの強い支えになっていた。

 ドーリングは復帰の喜びと優勝の嬉しさを隠さなかった。きっと、この夜はうまいビールが飲めたことだろう。

 ドーリングが次にかなえるのは世界タッグのベルトだ。

 もちろん、その先に三冠ヘビー級王座があることも、間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
全日本プロレス
ジョー・ドーリング
諏訪魔
石川修司
ディラン・ジェイムス

プロレスの前後の記事

ページトップ