プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

全日本プロレスの「世界最強タッグ」。
ガンから復帰・優勝した男の物語。

posted2018/12/13 16:30

 
全日本プロレスの「世界最強タッグ」。ガンから復帰・優勝した男の物語。<Number Web> photograph by Essei Hara

重量感たっぷり、パワーも凄い! 全日本プロレスのマットで久々に外国人レスラーの存在感が炸裂した!

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 1978年にスタートして41回の歴史を重ねた全日本プロレスの冬の風物詩「世界最強タッグ決定リーグ戦」の最終戦が12月11日、後楽園ホールで行われた。

 しかし……優勝戦が後楽園ホールというのは会場的にはちょっと寂しい気がした。

 5チームが勝ち点12で並んでいたが、真霜拳號&KAI組、パロウ&オディンソン組、秋山準&関本大介組の3チームはこの日、勝ち点を重ねられず、ほぼ優勝の可能性がなくなっていた。

 メインイベント。

 2連覇を狙う諏訪魔&石川修司組が、ジョー・ドーリング&ディラン・ジェイムス組と事実上の「決勝」を戦った。

 諏訪魔と石川は大型タッグだが、ドーリングとジェイムスはそれを上回る重量感だ。全日本らしいカードだとも言えた。

留学生扱いからスタートしたドーリング。

 ドーリングはアメリカマットで2004年にデビューしていたが、2007年6月、全日本プロレス道場に留学生としてやって来た選手である。

 全日本でのデビューは留学生扱いだったので6月になったが、3カ月の道場生活を終えたドーリングは9月から“ガイジン・レスラー”として全日本のシリーズに参戦した。

 いきなり諏訪魔を倒したドーリングは、武藤敬司と組んでその年の最強タッグリーグに優勝してしまった。

【次ページ】 何度もタイトル奪取したドーリング。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

全日本プロレス
ジョー・ドーリング
諏訪魔
石川修司
ディラン・ジェイムス

プロレスの前後のコラム

ページトップ