沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

3歳のルヴァンスレーヴが砂の王に。
ダート馬が最優秀3歳牡馬の可能性? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/12/03 11:20

3歳のルヴァンスレーヴが砂の王に。ダート馬が最優秀3歳牡馬の可能性?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

圧倒的1番人気にこたえて砂の王者に輝いたルヴァンスレーヴ。まだ3歳、来年も覇権は続きそうだ。

選ばれればダートチャンピオンとして初。

 オグリキャップは地方の笠松からその年に中央入りし、JRA重賞を6連勝。タマモクロスとの「芦毛対決」に沸いた天皇賞・秋は2着、ジャパンカップは3着に惜敗したが、有馬記念を優勝した。

 エルコンドルパサーはデビューから5連勝でNHKマイルカップを制し、休み明けの毎日王冠はサイレンススズカの2着に敗れたが、つづくジャパンカップでエアグルーヴやスペシャルウィークを下して優勝した。

 そして、ルヴァンスレーヴの父でもあるシンボリクリスエスは、ダービーではタニノギムレットの2着に終わるも、天皇賞・秋を優勝。次走のジャパンカップは僅差の3着だったが、つづく有馬記念を制した。

 これら3頭はみな芝で実績を残した馬たちだ。もしルヴァンスレーヴが選出されれば、ダートチャンピオンとしては史上初の快挙となる。

 これだけ強いのに、萩原清調教師が「まだ競馬の形が定まっていない」と話していたように、今なお完成途上。この馬なら、来春のドバイワールドカップや、秋の米国ブリーダーズカップクラシックでも勝ち負けできるのではないか。そんなふうに、いろいろと先走った夢を見せてくれる、底知れぬスケールの大物である。

関連記事

BACK 1 2 3
ミルコ・デムーロ
ルヴァンスレーヴ

競馬の前後の記事

ページトップ