来た、見た、書いたBACK NUMBER

「高3の堂安律と比べて足りない」
中村敬斗に響いた宮本監督の言葉。 

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/12/01 08:00

「高3の堂安律と比べて足りない」中村敬斗に響いた宮本監督の言葉。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

東京五輪世代として注目される中村敬斗。宮本恒靖監督も手塩にかけて育てている。

堂安、井手口、宇佐美に続く。

「ノリさんから学んだことは本当に多いですね。毎日のように1対1をやってもらって、例えば『今日はキレがない』とか『このフェイントを使えるようにしよう』とかアドバイスをくれる。ノリさん自身もDFの選手だったので、いい影響ばかりですし、マジで感謝しています」

 長崎戦後、良き兄貴分への感謝を口にした中村だが、實好監督もまた、山口コーチ同様に18歳の姿勢を絶賛するのだ。

「取り組みの意識の高さは高すぎるぐらいで、素晴らしいですよ。何もサボらないし、色んなことを、僕が見習うぐらいです」

 もっとも、中村自身は陰の努力というような紋切り型の評価を好んではいないのだ。

「僕は単純にサッカーが好きなんですよ。居残りで、ボールを蹴るのも1対1をするのも、好きだからやっているだけ。まあ、シンプルにトップチームに絡みたいという気持ちはありましたけど」

 宇佐美や堂安らにもあった「サッカー小僧」の顔を持ち合わせる18歳。

「僕も海外を目指している。堂安選手とか、井手口選手、宇佐美選手がガンバから海外に行ったけど、皆、偉大な選手たち。僕も追いつきたいですね」

 スタートダッシュには失敗したが、来季ブレークする準備は心身ともに整っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4

Jリーグの前後の記事

ページトップ