セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

優等生クラブ・キエーボと悪役会長。
残留争い常連の強烈なしたたかさ。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/11/28 11:00

優等生クラブ・キエーボと悪役会長。残留争い常連の強烈なしたたかさ。<Number Web> photograph by Getty Images

現会長のカンペデッリ氏。1929年設立のクラブは2001年にセリエA初昇格すると、2007-2008シーズンを除いて、セリエAに残留。

悪役会長は今も毒を吐く。

 株チームが運良くセリエAへ昇格できたとしても、気を抜けば2部や3部へ転落するのはあっという間だ。

 イタリアン・カルチョの最高峰リーグに残り続けるためには脛に傷を持たないままではいられない。グラウンドの中でも、いやもしかしたらそれ以上に、外でもしたたかに振る舞わねば生き残っていけない。

 今世紀が始まって以来ほぼずっと居座り続けているキエーボは、地味でも我々が思っている以上にタフでしぶとい。

 すっかり図太い悪役会長のイメージがついたカンペデッリは「うちとチェゼーナが罰せられるなら、なぜ長年にわたって移籍市場で懇ろの関係だったジェノアとミランは追及されない?」と今も毒を吐いている。

 17年前、彼らがセリエAの舞台にデビューし、旋風を巻き起こした。2001年の11月、キエーボはひと月の間、セリエA首位の座を死守し続けた。

 そんなキレイな思い出話やロマンチシズムに浸っている暇はない。それを一番よくわかっているのは主将ペリシエをはじめとする、地味だがしぶとい選手たちだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
キエーボ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ