プロ野球亭日乗BACK NUMBER

WBCでは得られない東京五輪対策。
日米野球で秋山翔吾が体得した技。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2018/11/14 14:30

WBCでは得られない東京五輪対策。日米野球で秋山翔吾が体得した技。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

高校、大学でも経験したことのないという、自身初めてのランニングホームランも決めた秋山翔吾。

日米野球で技術の進化を実感。

「オリンピックを見据えてというわけではないですけど」と前置きして、秋山はこう語る。

「そういう意味では今回に関しては1戦目で差されているのが見えて、2試合目以降修正して打席に立てている。試合数がある分だけ、いい経験になっている。色んなピッチャーと当たって、その中でどういう見え方をするのか。

 一概にアメリカのピッチャーがどうとは言えないですけど、日本のこのリーグではなかなかこれだけずっと強いボールに当たるというのがないので、いい経験になっていると思います」

 課題は見えているのだ。

 フライボール革命が進行するメジャーリーグでは、それに合わせて投手も縦変化のボールを主体にしたピッチングに投球スタイルが変わってきた。

「2年後にメジャーの流行りがどうなっているか。そういう変化もあると思います。だから今回も選手たちが経験したことを、どう考えて対応していくか。どう引き出しを増やしていけるか。そこが大事になる」

 こう語ったのは金子ヘッドコーチだ。

 メジャーの投手の怖さは動くボールだけではない。固定観念を捨てて進化するために――快勝の陰で選手たちにとっての日米野球は、確実に1つのステップになっている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

秋山翔吾
田中和基
上林誠知
田中広輔
菊池涼介
ジョン・ブレビア
稲葉篤紀
金子誠
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後のコラム

ページトップ