プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

ボランティアレスラーで再デビュー!?
大仁田厚がG馬場没20年の記念大会へ。

posted2018/10/30 17:00

 
ボランティアレスラーで再デビュー!?大仁田厚がG馬場没20年の記念大会へ。<Number Web> photograph by Essei Hara

ファンに囲まれて笑顔の大仁田厚。これまでも、これからも、その生き方は変わらず、ファンはそれを観にくるのだ。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 ボランティアレスラー大仁田厚の「デビュー戦」が10月28日、横浜市の鶴見青果市場で行われた。

 大仁田は昨年10月31日、後楽園ホールで7度目の引退をしてから約1年、比較的長く戦いから遠ざかっていたが、体がうずいたのだろう。

 何がボランティアなのかはよくわからないが、ボランティアレスラーという新しいフレーズを用意して、プロレスラーとしての7度目の復帰ではなく、ボランティアレスラーとしてのデビューという名目でリングに立った。

 住んでいる佐賀から1000円の交通費だけをもらって横浜までやってきたという大仁田は、グッズの売り上げで収支のバランスシートを埋め合わせている。

 試合後も小さなテーブルの前に座って、サインと記念撮影を希望者がいなくなるまで続けた。

 試合場にリング照明はなく、蛍光灯が申し訳程度についているだけで、試合中にチラついていた1本が寿命で消えた。観戦には外からの光が必要だった。13時に前座試合が始まったころは、自然光が入って来る2方向からは普通に見えたが、壁のある逆光側からはレスラーはシルエットになっていた。

暗がりの中で、久々のデスマッチ。

 大仁田が登場した16時過ぎには場内は暗くなってきて、かなり見づらくなっていた。

 だが、爆発の閃光が青果市場を赤く彩り、爆音が観客の身をのけぞらせた。

 そのデビュー戦は大仁田、ケンドー・カシン、HASEGAWA組vs.キム・ドク、橋本友彦、雷電組の6人タッグで「ストリートファイト・エニウェアフォール・電流爆破バット&有刺鉄線地雷ボードデスマッチ」として行われた。

【次ページ】 ボランティアレスラー初戦に勝利。

1 2 3 NEXT
大仁田厚
ジャイアント馬場
ケンドー・カシン
雷電

プロレスの前後のコラム

ページトップ