SCORE CARDBACK NUMBER

ある時は准教授、ある時は詩人。
異色マッチメーカーの正体は?
~ボクシングの「いい試合」を決める男~

posted2018/10/17 15:00

 
ある時は准教授、ある時は詩人。異色マッチメーカーの正体は?~ボクシングの「いい試合」を決める男~<Number Web> photograph by Makoto Maeda

帝拳ジムで村田諒太(左)と会話を交わすグッドマン(右)。亀田興毅の韓国での一戦をマッチメークしたこともある。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

Makoto Maeda

 ボクシング・ビジネスの中で、マッチメーカーほど割の合わない仕事はないのではないか。プロモーターから依頼された選手の対戦相手を探す。ファンが喜ぶ好カードが成立するのは稀で、「楽な相手を頼む」と言われて呼んだ選手が不甲斐なく倒されると「ミスマッチ!」のヤジも飛ぶ。小さな試合では手取りも選手の報酬の1割が相場だから労多くしてなんとやらの世界である。

 それでもこの業界には欠かすことのできない存在だ。ここで異色の経歴を持つマッチメーカーを紹介したい。ローレン・グッドマン氏。50歳、生まれは米国カンザス州ウィチタ。今のところ日本ボクシング界でも知る人ぞ知る程度の存在だが、8月に大竹秀典がアリゾナで世界挑戦した試合も含め多くの試合を手掛けている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 555文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平 旋風の軌跡。

Sports Graphic Number 963

大谷翔平 旋風の軌跡。

 

関連記事

ローレン・グッドマン

ボクシングの前後の記事

ページトップ