ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

小平智「まだ18歳くらいの感じ」
米ツアー2年目の目標はまず2勝目。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa

posted2018/10/11 07:30

小平智「まだ18歳くらいの感じ」米ツアー2年目の目標はまず2勝目。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

ツアーの勝者には多大な敬意が払われるのがゴルフ界の常だが、小平智はいつでも「下から目線」の挑戦者だ。

ドライバーに書かれた「MMONMK」

 もうひとつ、小平が苦しんだのがドライバーの選定だ。

 昨年秋にクラブのヘッドが破損してからというもの、代役探しの悩みがいつも付きまとった。それほど、彼のゴルフはティショットの正確さが生命線。同じモデルでも、ロフト角や重心位置を変えたバージョンの数は、十数本どころではない。PGAツアーの優勝も、そのジレンマの中で勝ち取った。

 小平のドライバーのヘッドカバーにはいま、マジックで「MMONMK」とアルファベットが書き記されている。美保夫人の「M」以下、マネージャーやキャディら自身のサポートスタッフの名前の頭文字である。「たいした意味はないんですよ。ヘッドを試しすぎて、エースのドライバーがどれだか分からなくなってしまうから」と苦笑いする。

 天国と地獄を味わった28歳の後半戦。それでも本人は望んだ結果を残せなかった5月以降も「めちゃくちゃ苦しい、というほどではないんです」と振り返る。

 理由はシンプル。

「だって、楽しいから。ドライバーが決まらなかったり、調子を崩したり……。そのへんは苦しかったですけど、ゴルフの楽しさは変わっていない」

「一番の難しさは、やっぱりレベルの違い」

 連戦、それに伴う短期間での長距離移動。疲労は蓄積したが、今秋始まる2年目は違う心持ちで臨むことができる。「日本ツアーとは違って、試合の数がいっぱいあるから、これからは自分で試合を選んで出ればいい。疲れれば、休めばいい」と前向きだ。

「一番の難しさは、やっぱりレベルの違い。それは格段にある」

 一時帰国中に出場した日本ツアー・トップ杯東海クラシックは17位だった。事前調整が不十分な状態で残した成績に「まったくゴルフをしないで、あの順位で終わることはまずPGAツアーではない。予選を通ったとしても50位とか、60位といった感じ」と、改めて世界のトップ集団との差に思いを巡らせた。ただ彼らとのギャップは、あって然るべきもの。それを埋めるために、海を渡った。

【次ページ】 「ほら、できたでしょ」って言いたい。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小平智
古閑美保

ゴルフの前後のコラム

ページトップ