丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

数字では計れない、タイガーの本当
の強さとは。~丸山茂樹が解説する
「スポーツ界最大のカムバック」~

posted2018/10/17 15:00

 
数字では計れない、タイガーの本当の強さとは。~丸山茂樹が解説する「スポーツ界最大のカムバック」~<Number Web> photograph by Getty Images

丸山が米国で戦った2000年からの9年間、ウッズはメジャー12勝。まさに全盛期だった。

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 タイガー・ウッズが復活優勝を果たしました。アメリカPGAツアーのプレーオフ最終戦となる「ツアー選手権」、最後の最後で5年ぶりの優勝を飾ってしまうんですから、やっぱり凄いです。僕も、優勝の瞬間はしっかりと目に焼きつけました。

 アメリカでは「スポーツ界最大のカムバック」と言われ、サム・スニードの最多勝記録に迫る通算80勝という数字があらためて脚光を浴びているようですが、僕はこの優勝の凄いところは数字以外の部分にもあると感じました。

 それは最終日までタイガーに3打差の2位(タイ)だったロリー・マキロイ(北アイルランド)が、最終組で一緒にまわると4オーバーを叩いて崩れたり、現代のトッププレーヤーと言われる選手たちもスコアを伸ばせなかったところにあります。つまり、タイガーには、周りの選手へ与える大きな力があるんです。たとえ、ある選手が優勝争いに加わったとしても、タイガーとの争いになると急に落ちてしまう。圧倒的に強かった2000年代には何度もそういう光景を見ました。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

タイガー・ウッズ
丸山茂樹

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ