F1ピットストップBACK NUMBER

30回目の鈴鹿はひと味違った!
今年のF1日本GPは観客増、若者増。

posted2018/10/08 13:00

 
30回目の鈴鹿はひと味違った!今年のF1日本GPは観客増、若者増。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

鈴鹿は、これからもF1ドライバー、そして日本のF1ファンの夢のサーキットであり続ける……。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Hiroshi Kaneko

「30回の開催を記念して、数多くの取り組みを準備して迎えた今年のグランプリには、昨年を大きく上回るお客様にご来場いただきました」

 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下晋社長は、鈴鹿で開催された30回目の日本GPに詰め掛けたファンに感謝した。

 日本GPはここ数年、入場者数が減少していた。初めて鈴鹿で開催された1987年のF1は11万2000人が集まった。その後、観客はホンダの活躍やアイルトン・セナというヒーローの活躍によって増え続け、2006年に16万1000人というピークを迎えた。

 その後、いったん日本GPは富士スピードウェイに移転して行われたこともあり、鈴鹿で再開された'09年には大きく減少したが、それでも日曜日には10万人以上の観客がスタンドを埋めた。

 転機となったのは、日本人ドライバーがいなくなった'13年だ。

鈴鹿サーキットが凝らした趣向とは?

 この年の日本GPは10万人を大きく割り込み、日曜日の入場者数は8万6000人にとどまった。

 9万人に届かなかったのは、開催以来、初めてのことだった。

 翌年7万2000人に減少した入場者数は、ホンダが復帰した'15年にいったんは8万1000人と前年を上回ったが、'16年には再び減少。昨年はついに7万人を切って、6万8000人となった。

 危機感を募らせた鈴鹿サーキットは、'87年から数えて30回目の開催となる今年の日本GPに向けて、さまざまな趣向を凝らし、ひとりでも多くのファンに目を向けてもらえるよう努力した。

【次ページ】 グランドスタンド席に高校生と大学生を。

1 2 3 NEXT
鈴鹿サーキット
モビリティランド
山下晋
トロロッソ
ホンダ
アイルトン・セナ
マクラーレン

F1の前後のコラム

ページトップ