ゴルフPRESSBACK NUMBER

ウッズの優勝はすべての人の記憶に。
5年分の期待と歓喜が詰まった1日。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/09/26 12:00

ウッズの優勝はすべての人の記憶に。5年分の期待と歓喜が詰まった1日。<Number Web> photograph by Getty Images

タイガー・ウッズの優勝を多くの人が間近で見届けた。もはや幻想的な光景だった。

ウッズが振り返って、目にした光景。

 サンデーアフタヌーンが暮れゆくころ、セキュリティの制御を振り切ってイーストレイクの18番のフェアウェイになだれ込んだ大観衆の大きな大きな波とうねりは、そんなファンの「我慢の応援」が、ついに限界を超え、コントロール不能になった瞬間。

 そして、あのうねりは、ゴルフヒストリーが大きく動いた忘れがたき歴史のうねりとなって、世界中の人々のメモリーにインプットされた。

 そして、あのうねりは、ウッズのメモリーにも刻まれた。

「あのとき、最初のうちは大観衆が背後から追いかけてくる気配を耳だけで聴いていた。僕は前だけを見続けて、振り向かなった。でも、ボールに向かって構える直前、ふと見たら、フェアウェイの左半分が人人人で覆いつくされていた。ファンから送られた拍手や声援が僕のエネルギーになった」

 2013年以来、5年ぶり、1876日ぶりの復活優勝は、そんなウッズとギャラリーの一体感の中で達成された。

 ウッズの通算勝利数は79勝から80勝になった。サム・スニードの通算82勝の記録まで、あと2つ。

「手術した腰を抱えた42歳が80勝目を挙げられたのは、みんなのおかげ。僕はとてもラッキーだ」

 ウッズも、イーストレイクのギャラリーも、TV観戦した世界中の人々も、みんなが幸福感を噛み締めた、いい1日は、きっとアナタのメモリーにも、すでに刻み込まれているはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

タイガー・ウッズ

ゴルフの前後のコラム

ページトップ