勇利アルバチャコフの名言 

今日の名言 

ノープロブレム。

勇利アルバチャコフ(ボクシング)

2018/09/24

ソビエト連邦崩壊前年の1990年。ゴルバチョフ書記長が進めた開放政策「ペレストロイカ」によりソビエト人プロボクサーが世界各国で誕生することになった。日本では協栄ジムが数名のソビエト人ボクサーを受け入れ、1992年に勇利が真っ先に世界チャンピオンに。ちなみにベルトを獲ったときの世界戦は、あのミッキー・ロークの前座として開催された。バブル時代ならではのマッチメークである。本人は日本語が得意でなく、またマスコミの記者もロシア語が分からない。試合前に抱負を聞いても、片言の英語で「ノープロブレム」としか言わないので、「ミスター・ノープロブレム」のあだ名がついたという。

Number959号(2018/08/16)

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。
人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ