テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみ、100点満点の凱旋勝利。
鬼門の「優勝直後」を悠々と突破。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/09/20 11:20

大坂なおみ、100点満点の凱旋勝利。鬼門の「優勝直後」を悠々と突破。<Number Web> photograph by AFLO

グランドスラム制覇の祝祭から真っ先に抜け出していたのは、当の大坂なおみ本人だった。彼女のキャリアはまだ始まったばかりなのだ。

「ビジネス」をこなした凱旋勝利。

 全米で優勝した直後の大会でたくさんの観客が詰めかけたが、と聞かれるとこう答えた。

「プレッシャーは感じなかった。どちらかと言えばエキサイティングだった。たくさんのお客さんがきてくれて感謝の気持ちがあり、応援がうれしかった」

 どの言葉からも、完璧なマインドセットで初戦に臨んだことが見てとれる。全米のタイトルが自信になったのは当然として、精神面での準備の大切さを理解し、実践しているのだ。20歳の選手がまた1つ大きな武器を得たと言ってもいい。

 大坂のサービスエースとダウン・ザ・ラインに突き刺すストロークは観客のため息を誘った。東レPPOでは以前、選手を応援するファンの思いが、そのミスを悔しがるため息の大合唱となり、当の選手を怒らせたことがあったが、もちろん、この試合でファンが漏らしたのは、大坂のショットが誘う驚きのため息だった。

 ファンの目には、強烈なサービスエースやグラウンドストロークの美しい弾道が焼き付けられただろう。祖父母が暮らす日本のファンを喜ばせるという意味でも、大坂はいい仕事をした。彼女のいうところの「ビジネス」を完璧にこなした凱旋勝利だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ

テニスの前後のコラム

ページトップ