メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

15年前の松井秀喜と似ている?
大谷翔平、2打席連発での大変貌。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/13 07:00

15年前の松井秀喜と似ている?大谷翔平、2打席連発での大変貌。<Number Web> photograph by Kyodo News

8月3日のインディアンス戦の3回、2打席連続の本塁打を放った大谷。相手投手も打たれた瞬間落ち込むほどの当たりだった。

「小さい動きの中で大きな力を」

 6日に本拠地に戻ってからは、フリー打撃でも意識の違いを見せていた。フルスイングを控え、コンパクトに最短距離でバットをボールにぶつけるスイングを繰り返す。

「大振りと強く振るとはちょっと違う。小さい動きの中でどれだけ大きな力を発揮できるかというのを今、すごく大事にしている」

 ようやく見えてきた150キロ超の動くボールへの打開策。クリーブランドの大噴火から8日までに大谷翔平が残した数字は19打数8安打、3本塁打、7打点、4四死球。打率.421、出塁率.632、長打率.947、OPSは1.579にもなる。

 メジャー1年目。264打席を要し、シンシナティの大爆発へと繋げたのが松井秀喜の伝説ならば、クリーブランドの大噴火は201打席目だった。大谷翔平の打撃を語る上でターニングポイントとなる気配である。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
松井秀喜

MLBの前後のコラム

ページトップ