F1ピットストップBACK NUMBER

F1最大勢力に舞い戻ったフランス人。
10年ぶり母国GPにアレジも感動。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2018/06/29 07:00

F1最大勢力に舞い戻ったフランス人。10年ぶり母国GPにアレジも感動。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

3人のフランス人ドライバー。左からグロージャン(ハース)、オコン(フォース・インディア)、ガスリー(トロロッソ)。

接触事故が起きるもアレジは称賛。

 スタート直後に、3人のフランス人ドライバー同士による接触事故が起きてしまったのだ。まずホームストレート上でグロージャンとオコンがサイド・バイ・サイドで接触。グロージャンはこれで5秒のタイムペナルティを受け、入賞圏外の11位に終わった。

 グロージャンとの接触でフロントウイングにダメージを負ったオコンを、続く3コーナーでオーバーテイクしようしたのがガスリーだった。オコンも譲らない。2台はクラッシュし、そのままリタイアした。

 レース後、3人は一様に落胆していた。「スタート直後の接触で、マシンにダメージがあった。ペナルティも受けた後、全力で頑張ったけど、あと少し足りなかった。ずっと不運が続いていて、いまは正直ちょっと辛い」(グロージャン)

「母国の観衆の前でレースをするのをずっと長いこと楽しみにしていたのに、たった3つのコーナーでレースを終えることになったんだから、今は悲しくて仕方ない。ファンの人たちが与えてくれたポジティブなエネルギーに『ありがとう』と言いたい」(オコン)

「フランスGPで、よりによって2人のフランス人ドライバーが接触するなんて……。こんなホームレースなんて望んでいなかった。いまの気持ちはとても言葉にならない」(ガスリー)

 レース後、フランス人の元F1ドライバーのジャン・アレジはこう言った。

「これもレース。忘れてはいけないのは、3人がいたからこそ、フランスGPはここまで盛り上がった」

 10年ぶりのフランスGP、重圧の中で戦ってくれた3人には、お疲れ様と言いたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ロマン・グロージャン
ハース・オコン
ピエール・ガスリー
ジャン・アレジ
フォース・インディア
トロロッソ

F1の前後の記事

ページトップ