プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武・金子侑司はきっかけを探す。
「打つ自分をイメージできなかった」 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/06/14 08:00

西武・金子侑司はきっかけを探す。「打つ自分をイメージできなかった」<Number Web> photograph by Kyodo News

勝負強さを発揮するのは右打席が多い金子侑司。左打席は現在課題を克服中だ。

「走る場面には必ず理由と意図がある」

 佐藤コーチは今シーズンの金子の脚力を高く評価している。

「侑司(金子)に関しては、昨年は理由を聞いても頭が整理できていなくて、きちんと走った説明ができないこともありましたね。いろいろと考え過ぎて、考えが固まらないうちに走ってしまうことはありました。でも今年に関しては、走る場面には必ず理由があるし、意図がある。すべて納得できる走塁です」

「バッティングで貢献できないので、脚だけはなんとか貢献したい」とシーズン序盤、語っていた金子だが走塁の技術や戦術理解力などは年々、成長していると佐藤コーチは太鼓判を押す。

 金子は語る。

「打てないときは、何とか守備や走塁でがんばろうと思っています。そしてこれからも自分のやるべきことをやって、取り返したいですね」

 遅れを取り戻すべく、中盤戦に向けてスパートをかける。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金子侑司
埼玉西武ライオンズ
佐藤友亮

プロ野球の前後のコラム

ページトップ