猛牛のささやきBACK NUMBER

松坂大輔を小学校からずっと追う男。
小谷野栄一「1年でも長く対決を」

posted2018/06/15 08:00

 
松坂大輔を小学校からずっと追う男。小谷野栄一「1年でも長く対決を」<Number Web> photograph by Kyodo News

5月30日のセ・パ交流戦の対中日で13年ぶりに松坂と対決。'05年の1度目の対戦では2打数無安打1四球だった。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 同じ地元のギリギリ勝てないライバルが、実は怪物だった――。

 オリックスの小谷野栄一にとって、同級生の松坂大輔(中日)はそんな存在だった。

 小谷野と松坂は同じ東京都江東区出身。小学生時代、少年野球チーム「辰巳」のエースだった小谷野は、「東陽フェニックス」のエース松坂と投げ合っては敗れていた。その2人は「江戸川南リトル」でチームメイトとなり、松坂がエースを務め、小谷野は内野手に転向した。

「僕にとって常に勝てなかった人間。でも勝ったことがないからこそ、もう少しなんとか頑張れば追いつけるかなという思いで、ずっと諦めずにやれたのかなと思うんですよね」と小谷野は言う。

 その後、松坂は横浜高のエースとして1998年に甲子園春夏連覇を達成。“平成の怪物”と呼ばれ、やがて“松坂世代”という言葉も生まれた。

 一方の小谷野も高校3年の春、創価高のメンバーとして甲子園出場を果たしたが、2回戦でPL学園に敗れ、主役にはなれなかった。

松坂世代の野手で唯一のスタメン。

 あれから20年。NPBでプレーする松坂世代は13人となった。そのうち野手でスタメンを張っているのは小谷野ただ1人である。

 小谷野は高校卒業後、創価大に進学し、2002年のドラフト5巡目で北海道日本ハムに入団した。'07年にレギュラーに定着すると、'10年には打点王を獲得。'14年にFA権を行使し、オリックスに移籍した。

 今年は打率こそ2割3分2厘(6月12日時点)だが、勝負強さは健在だ。また、凡退しても最低限ランナーを進塁させるなど、数字に表れない仕事をきっちりこなす欠かせない存在である。

【次ページ】 「松坂世代に加われただけで嬉しい」

1 2 3 NEXT
松坂大輔
小谷野栄一
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ