プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

IWGP大阪城決戦は1時間越えの死闘!
新王者ケニー・オメガ、10年間の執念。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/06/12 11:00

IWGP大阪城決戦は1時間越えの死闘!新王者ケニー・オメガ、10年間の執念。<Number Web> photograph by Essei Hara

絶対王者と思われていたオカダだったが、V13に失敗。敗北後しばらくは、ケニー・オメガの足元に横たわったままだった。

オメガが日本に来て10年が経っていた……。

「今、試合は終わったが、まだ終わってないような不思議な感覚だ。もしかしたら自分は最高じゃないかもしれない。試合はまだ終わっていないかもしれない」(オメガ)

 日本にやって来て10年という長い歳月が経過したということにも思うものがあった。

 手にしたIWGPという名の重いベルト。

 目の前に置かれたそのベルトに手を伸ばしてみる。それはもういつでも触れる場所にあった。

 何とも言えない、いい感触がオメガの指先から体に伝わってきた。

「日本を離れるかもしれないと思っていた」

「旅というものは、始める前に何か必ず目標を立てるものだと思う。そしてここまでの長い旅路は、その目標を達成するためのものではあったけども、違った見方をすれば、いま獲得したものよりも、その旅路そのものの方が何よりも大切で、そのシンボルがこのベルトだったと思う」

「この10年、色々なことをやり遂げてきた。もちろん、最後の目標は、このIWGPヘビー級チャンピオン。もし、このベルトを取ったら、日本を離れるかもしれないと思っていた。

 けれども、試合中、プロレスの未来を見てしまった。プロレスが本当に進化したのを感じたから、新日本のリーダーとして、新日本のチャンピオンとして、ここで次のステップを踏んで、前に進みたい」

 オメガは大阪城ホールの試合の証人となった満員の観客を見つめてそう告げた。

【次ページ】 「おまえはダメだ、トランキーロだと言われてきた」

BACK 1 2 3 4 NEXT
ケニー・オメガ
オカダ・カズチカ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ