メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ダルビッシュ6戦未勝利の原因判明?
スパイク交換で消えた「問題」とは。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/05/07 12:20

ダルビッシュ6戦未勝利の原因判明?スパイク交換で消えた「問題」とは。<Number Web> photograph by AFLO

カブス1年目の序盤戦で苦しむダルビッシュ。ここからの巻き返しなるか。

今後は自分の投球にだけ集中して。

 だから、今季4度目の5回途中の降板は、過去3試合のような身体的なことが理由ではない。シカゴ特有の強風で外野フライに打ち取ったはずの当たりが柵越えしてしまったり、ブルワーズ戦で成功した2シーム・ファストボール主体の投球が、制球の乱れから裏目に出てしまったからだ。

 だから彼は「(風が)あれほど影響するとは思わなかった」と素直に驚き、「今はカッターとか2シームとか、速い球系が70パーセント以上を占めているので、打者が的を絞り易いのかなと思う」と冷静に分析もする。身体的な問題で力が発揮できなかったわけではないので、「今後は自分の投球にだけ集中していけると思う」という希望に繋がる。

「それ(足の張りの原因)がスパイクだったのか、それとも今日だけのものだったのかは、もう少し見てみないと分からない。でも、次はちょっと楽になると思う」

 ちょっと楽になる、という控え目な言葉がなぜか、力強い。6試合に投げて0勝3敗、防御率6.00。メジャーリーグ移籍以来、最悪と言ってもいいシーズンの始まり。

 そんな逆境の中でもダルビッシュは、静かに揺らめくような、確かな光を発している――。

ICHIROBACK TO MARINERS 2018

Sports Graphic Number 951

ICHIRO
BACK TO MARINERS 2018

 

関連記事

BACK 1 2 3
シカゴ・カブス
ダルビッシュ有
大谷翔平

MLBの前後の記事

ページトップ