F1ピットストップBACK NUMBER

ホンダに巡ってきた千載一遇の好機。
「勝てる」レッドブルとの提携へ。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/05 09:00

ホンダに巡ってきた千載一遇の好機。「勝てる」レッドブルとの提携へ。<Number Web> photograph by Getty Images

2007年からルノーと組んでいるレッドブルだが、近年ルノーとの関係が悪化していることも背景にある。

トロロッソに加えて2チームへ供給。

 現在パートナーを組んでいるトロロッソとの契約は3年。今回レッドブルとの交渉がまとまれば、来年からホンダは2チームとワークス体制でPUを供給することとなる。そうなれば、サーキットの現場やイギリス・ミルトンキーンズにある前線基地のHRD MKのスタッフを増員するなど、ホンダ側の負担は増える。

 だが、トップチームのレッドブルと組めば、ここ数年でF1を離れたファンを呼び戻すことは必至。レッドブルとの提携は、成功への投資と考えれば、決して高くはない。

 現在のF1のレギュレーションでは、翌年にPUを供給するチームを、各マニュファクチャラーは事前にFIAに通知しなければならない。その期限が今年は5月15日となっている。

 4月28日にホンダを訪れたレッドブルは、翌日もホンダを訪ね、2度目の交渉を行なった。新たなチャレンジに向かうドアをレッドブルがノックしている。

 その扉をホンダが開けない理由は見当たらない。

関連記事

BACK 1 2 3
ホンダ
レッドブル
トロロッソ

F1の前後の記事

ページトップ