ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

中邑真輔“第三形態”で王座再挑戦。
長州、蝶野、内藤と同じヒール転向。

posted2018/04/24 17:30

 
中邑真輔“第三形態”で王座再挑戦。長州、蝶野、内藤と同じヒール転向。<Number Web> photograph by (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レッスルマニアでのまさかの急所攻撃。王座獲得ならずも、中邑真輔の残したインパクトはドデカい。

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by

(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 現地時間の4月8日、アメリカ・ルイジアナ州ニューオリンズ、メルセデスベンツ・スーパードームで行われた、世界最大のプロレス団体WWEの年間最大のイベント「レッスルマニア34」。

 この最高の舞台で中邑真輔は、ジャイアント馬場、アントニオ猪木も成し遂げることができなかった、日本人初のWWE王座獲得が期待されたが、王者AJスタイルズのスタイルズクラッシュの前に逆転負け。またしても悲願のベルト奪取はならなかった。

 しかし、本当のクライマックスは試合後に待っていた。中邑はAJと抱き合って健闘をたたえた後、自らひざまずいてベルトを手渡すが、次の瞬間、拳でAJの股間を一撃! うずくまるAJを踏みつけ、さらに必殺のキンシャサでKOし、悪態をつきながらバックステージへと消えていった。

 中邑真輔、衝撃のヒール転向だ。

ヒール転向は人気とタイミングが勝負。

 ヒール転向とは、ベビーフェイス(善玉、正統派)が突如、ヒール(悪玉、悪役)に寝返ること。ヒールターンとも呼ぶ。人気選手が突如、悪に豹変することでファンに衝撃を与え、新たな展開を生み出す効果があり、これをきっかけにしてさらなるブレイクをはたす選手も多い。

 また、ヒールターンは人気選手であればあるほど、そして劇的なタイミングであればあるほど、その効果が大きいといわれている。

 その意味では、レッスルマニアという最大の舞台で、WWE王座戴冠の期待が最大限に高まった中での中邑のヒール転向は、まさに最高のタイミングだったと言える。

 事実、「レッスルマニア34」以降、WWEの2大ブランドのひとつ「スマックダウン」は、悪に豹変した中邑の先の読めない動向がストーリーの中心となっている。「レッスルマニア34」でWWE王座奪取こそならなかったものの、ヒール転向により主役のひとりとしての座をしっかりとキープすることに成功したのだ。

【次ページ】 ラッシャー木村、アニマル浜口は……。

1 2 3 NEXT
中邑真輔
長州力
蝶野正洋
内藤哲也
新日本プロレス
WWE

プロレスの前後のコラム

ページトップ