バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグ平均入場者2位は北海道!
レジェンド折茂武彦が語る運営術。 

text by

石井宏美(Number編集部)

石井宏美(Number編集部)Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2018/04/13 11:15

Bリーグ平均入場者2位は北海道!レジェンド折茂武彦が語る運営術。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

レバンガ北海道はTwitter、Facebook、Instagramを合わせたSNSフォロワー数も10万人に迫る(2月28日時点)。

僕たちにできることはまず、やってみる。

 もちろんすべてが成功ばかりとはいえない。ときには失敗にも直面してきたが、それでも決してマイナスには捉えず、むしろ思考をポジティブなものに変換していく。

「自分たちの試みに対し賛否両論あります。失敗、ときにはお叱りを受けることもあります。日々、いろいろなことがあるのですが、それを怖がって守りに入っていては何もできません。だからこそ、とにかく僕たちにできることはまず、やってみるんです」

 さらに、プロバスケットボールクラブである以上、選手たちがコート上で見せるパフォーマンスそのものはもちろん、勝敗や順位も観客動員を左右する。チームが強くなっていくことも折茂は必要な要素の1つだと考えている。

「やはり勝負の世界ですから、勝たないとなかなかお客さんは増えないですよね。今季戦っている東地区は激戦ですが、昨季よりもチャンピオンシップに近づくようなゲーム展開を見せられていることも大きかったと思います。チーム自体も成長しないと厳しくなるでしょう」

“将来ここでプレーしたい”と思わせたい。

 債務超過も解消され、来季は選手の補強などの新たな展開が期待される。

「クラブ的に余裕があるわけではありませんが、代表になった当初よりも見えてきたものもある。これから選手の補強なども考えていかなければなりませんし、選手がバスケットに集中できる環境整備もより行なっていかなければならないと考えています。

 また、今季はホームゲームで様々な演出も少しずつ行なってきましたが、今後は子どもたちに、より“将来ここでプレーしたい”と思わせるようなプレー、そして会場づくり、サービスの提供にさらなる力を注いでいきたいですね。

 まずは当たり前のことを当たり前に、きっちり、スピーディーにこなしていく。今季の反省を踏まえて、来季どうやっていくかはクラブとしてはもちろん、個人としても考えていかなければなりません。シーズンが終了したら、あらためて、スタッフとも個々に面談の場を設け、ヒアリングする予定です。うちのような小さなクラブは一人ひとりが戦力にならなければ難しい分、そこは私自身もケアしていかなければいけないと考えています」

【次ページ】 観客動員の目標を現実的にした理由。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
レバンガ北海道
折茂武彦

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ