“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ヴィッセルの大型新人・郷家友太。
高校生が「プロ意識」を掴むまで。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/04/08 08:00

ヴィッセルの大型新人・郷家友太。高校生が「プロ意識」を掴むまで。<Number Web> photograph by Takahito Ando

攻守ともにルーキーらしからぬ活躍を見せている郷家。あとはゴールを決めるだけだ!

「『これがプロという世界か』と痛感」

 さらに、試合に出る重要性だけでなく、「試合に出ない時の自分のあり方」の重要性を学んだ。

「今、すべてのことにおいて『これがプロという世界か』と痛感しています。

 高校のときまでは『生活』がかかっていなかったけど、今はもう軽い気持ちじゃできない『仕事』ですから。どこかで『自分の性格なら大丈夫』、『メンタルは強い方』だと思っていたけど、それは甘かった。いざふたを開けてみたらたった1試合でここまで感情が激しく上下している自分がいた。

 勝つ、負ける。出る、出ないの差がこんなにも大きいのかと」

 とはいえ、彼はまだ高卒1年目の選手なのだ。試合に出る、出ない、そして結果に一喜一憂するのではなく、出たら己のために全力を尽くし、出られなかったら自分自身を客観的に見つめる猶予をもらったとポジティブに捉え、必死で自分と向き合っていって欲しい。

「辛いことも多いですけど、でも、『これがプロだ!』と実感できていることが幸せだと思います。ここから先、もっといい面も悪い面も含めて、感情が揺れるシーンはずっと続くと思いますが、時には弱さを認めながら、『芯』だけは持ち続けてプロの世界を渡り歩いて行きたいと思います」

 18歳でこの言葉を発すること自体が、郷家友太という人間のポテンシャルを示している。ヴィッセル神戸は本当に大きな財産を手に入れたと思う……きっと彼なら、歓喜と苦悩を繰り返しながらさらに大きく成長をしていってくれるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
郷家友太
ヴィッセル神戸
吉田孝行
那須大亮

Jリーグの前後の記事

ページトップ