野ボール横丁BACK NUMBER

三重の1番・梶田蓮は天才だった。
仲間たちが信頼した圧倒的な観察眼。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/04 11:00

三重の1番・梶田蓮は天才だった。仲間たちが信頼した圧倒的な観察眼。<Number Web> photograph by Kyodo News

大阪桐蔭を追い詰めた三重高校の打線には、梶田蓮の特殊能力が輝いていた。

4試合41安打の陰に、梶田の存在。

 大阪桐蔭は5回から根尾昂にスイッチ。最初の対戦で、いきなり二塁打を放った梶田だったが、印象は柿木のときと正反対だった。

「スライダーがものすごく切れていた。あのスライダーをしっかり見極めないと、なかなか打てないと思いました」

 そこまで打率5割と当たっていた2番・浦口も、梶田のアドバイスが頭にあったが、対応し切れなかった。

「スライダーがキレキレなので、真っすぐを待ってたんですけど、思わずスライダーに手をだしてしまったし、真っすぐがきても速くて打てませんでしたね……」

 結局、三重打線は根尾から8回で1点も奪うことができず、延長12回、2-3でサヨナラ負けしてしまった。

 梶田はこう言うしかなかった。

「相手の力が上でした」

 とはいえ、4試合で41安打を積み上げた三重打線の鋭い打球は鮮烈な印象を残した。

 その陰には、チームメイトが天才と呼ぶ男の「なんとなく」があった。

関連記事

BACK 1 2
三重高校
梶田蓮

高校野球の前後の記事

ページトップ