バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグで最強に熱いHCは東京に。
ルカ・パヴィチェヴィッチの素顔。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2018/03/23 10:30

Bリーグで最強に熱いHCは東京に。ルカ・パヴィチェヴィッチの素顔。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

今年1月1日の試合後、相手の千葉ジェッツの富樫勇樹とハグをするルカ・パヴィチェヴィッチHC。

旧ユーゴでの教えを、日本バスケ界に。

 旧ユーゴスラビアは'90年代初頭から紛争が続き、その結果、セルビア、モンテネグロ、クロアチアなどに分裂していった。

 ただ、ユーゴスラビアバスケットの父と言われるアレクサンダー・ニコリッチから始まる、旧ユーゴスラビアのスクール・オブ・バスケットボールの教えをルカは受け継いでいる。

 彼が優勝した1987年のU-19世界選手権では、後にシカゴ・ブルズなどで活躍するクロアチア人のトニー・クーコッチもチームメイトだった。彼らがヨーロッパのバスケットボール界を発展させ、そのヨーロッパの発展が本場アメリカにも影響を与えた。

 ルカは、試合中だけではなく、試合後にも熱くなるほど勝利に飢えている。その一方で、日本のバスケットボール界の発展を望んでいる。そんな一面に目をむければ、アルバルクのバスケットボールの違う側面も見えてくるはずだ。アルバルクを強いチームに鍛え上げようとするミッションの先に、彼は日本バスケットボールの発展を見ているのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アルバルク東京
ルカ・バビチェビッチ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ