メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

二刀流の調整は、時間が2倍必要だ。
大谷翔平が開幕に焦る必要はない。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/21 07:00

二刀流の調整は、時間が2倍必要だ。大谷翔平が開幕に焦る必要はない。<Number Web> photograph by Getty Images

春季キャンプもいよいよ終盤。29日オークランドでの開幕戦まで、あと10日を切った。

二刀流調整には一般の練習期間では足りない。

 だが、そもそも論として、メジャー1年目の二刀流調整は、約6週間のスプリングトレーニングの期間では圧倒的に時間が足りない、無理がある、と個人的には感じている。

 一般論として、先発投手はオープン戦の期間中、およそ6、7試合実戦で登板する。

 キャンプインから遡れば、この間に行われるマウンドやブルペンでの投球練習は10度程度。そして投手は毎日キャッチボールを行い、ボールとマウンドへの対応をはかっていく。

 打者ならば、毎日の打撃練習でバットを振り込み、オープン戦での打席数は60打席から80打席に達する。

 ダルビッシュや田中将大をはじめ、過去の日本人先発投手たちはメジャー1年目の春キャンプで毎日ボールを投げ、そうすることで適応の壁と向き合ってきた。

 打者にしても同様だ。イチローも松井秀喜も毎日バットを振り込み、間合いが短いメジャー投手のタイミングにアジャストしていった。

 だが、二刀流・大谷に同じ環境はない。

まだ一般選手の半分以下しか消化できていない!?

 投手で考えれば、週に1回の実戦登板となると、最大5試合にしか投げられない。その上に登板翌日はリカバリーのためにボールは投げない。圧倒的に数が足りない。

 3月18日の時点で、先発と目される投手は5試合に登板し、20イニングほどにまで投球回数を伸ばしているが、大谷は4試合、8回1/3にしか達していない。

 また、打者では60打席まで数を増やしている選手がいるが、大谷はまだ28打席しか立てていない。対戦相手の仕上がりが進む中で、大谷のそれが同じ速度で進んでいない現状では、オープン戦のこの成績も仕方がない。

 つまり……。

 二刀流の課題は「時間と数が足りない」ことに尽きるのではないだろうか。

【次ページ】 イチローも「(世界一の才能と)僕もそう思います」。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大谷翔平
イチロー
田中将大
松井秀喜
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後のコラム

ページトップ