メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

二刀流の調整は、時間が2倍必要だ。
大谷翔平が開幕に焦る必要はない。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/21 07:00

二刀流の調整は、時間が2倍必要だ。大谷翔平が開幕に焦る必要はない。<Number Web> photograph by Getty Images

春季キャンプもいよいよ終盤。29日オークランドでの開幕戦まで、あと10日を切った。

イチローも「(世界一の才能と)僕もそう思います」。

 だが、この課題への答えは極めて明確だ。

 時間が足りないならば、与えればいいのだから。

 投手としての登板回数や、打者としての打席数、ともに他の選手と同様の数字に達するには、「プラス2週間」ほどの猶予を与えれば追いつくだろう。

 つまり、投球数、打席数が他選手と同じになるまで待てばいいだけのこと。個人的にはその数をこなすことが先決であって、開幕メジャーに拘る必要はないと思っている。

 それに、野球というスポーツは、「1球」で劇的な変化が生まれることも事実だ。開幕まであと10日を切ったが、投打ともに「1球」で光が差し込み、急激な適応を見せる可能性がある。

 また、メジャー通算3080安打のレジェンド・イチローをして、「誰が見ても世界一の才能と言ってもいいんだろうと、よく聞きますし、実際に見たことはないんですけど、僕もそう思います」と言わしめる存在はこれまで何人もいなかった。

 それほどの選手なのだ。

常識を超えていくさらなる原動力へ……。

 大谷が、その「才能」通りの力発揮して、3月29日の開幕までに間に合わせてくる可能性は、十分にある。

 この春、メジャーでの二刀流挑戦をこの目で見て、つくづくと感じている。

 この23歳の若者は日本で大変なことをやってきたのだ、と。

 そして、そのとんでもない経験が、常識を超えていくさらなる原動力になる、と。

 きっと彼ならば……。

 なぜかそんな思いに、とらわれている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大谷翔平
イチロー
田中将大
松井秀喜
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後のコラム

ページトップ