欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

宇佐美貴史「元気君、リスペクト」
原口との悪ガキ両翼でついに覚醒か。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/11 08:00

宇佐美貴史「元気君、リスペクト」原口との悪ガキ両翼でついに覚醒か。<Number Web> photograph by Getty Images

ブンデスで燻っているイメージが強くなってしまった宇佐美貴史だが、いよいよ本領発揮の時だ。

「日本人で両サイドは新しいと思う」

 原口にとってみても、大切なパートナーのような存在だ。

「居残りで2人でシュート練習したりして、“ああ、こういう感覚があるんだ”とかすごく学べるしね。1つ年下だけど、すごく刺激的な存在なので。俺にとってもアイツにとっても、いいんじゃないかな。すごくね、心地よいみたい。アイツも。このクラブですごくサッカー楽しめてるし」

 2人でクラブを牽引するだけでなく、原口はその先も見据えている。

「このクラブを押し上げる上では、俺たちのクオリティは間違いなく必要だと思う。現にね、後半戦はほとんどのゴールに2人が関わっているし、ひとつ良いモデルになれたらって思うんです。日本人がもう1回評価されるためにも、このクラブは注目度もあるし。日本人で両サイドをやっているチームがあるのは新しいと思う」

 フォルトゥナは現在1部昇格を狙える筆頭であり、注目度も高い。その中で日本人2人が主力となって活躍できたら、これほど胸が躍ることはない。

 調子を上げ始めた宇佐美には、プライベートでもこの春大きな喜びが待っている。嬉しそうに話す。

「俺、2児の父になります。俺が一番思いますよ、あの、くそガキが? って。それがね、2人こども持つわけで、しっかりしないと」

 だからこそ、気を抜いて以前の宇佐美に戻るわけにはいかない。ドイツで4つ目のクラブで、ようやくその力を発揮しようとしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
宇佐美貴史
原口元気
フォルトナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ