フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦、66年ぶりの五輪連覇!
宇野昌磨の銀と共に歴史的快挙。
 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2018/02/17 20:20

羽生結弦、66年ぶりの五輪連覇!宇野昌磨の銀と共に歴史的快挙。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

順位が確定した後、羽生、宇野、フェルナンデスら3人は自然と抱きしめあった。全力を尽くして戦った3人の、互いへの敬意が溢れる美しいシーンだった。

スペインに初のフィギュアのメダルが。

 ハビエル・フェルナンデスは『ラ・マンチャの男』のフリーで4トウループ、そして4サルコウ+2トウループ、3アクセル+3トウループと快調に演技を展開していった。だが後半に入ったところで予定していた4サルコウが2回転に。その後5度の3回転をきれいに降りて、フリー197.66、総合305.24を獲得して3位。

 スペインにフィギュアスケートで初のオリンピックメダルをもたらした。

「自分にとっても、そしてぼくを支えてきてくれた家族にとっても大きな意味のあるメダル」と喜びを語った。

 フェルナンデスは、前回ソチオリンピックで4位と惜しいところでメダルを逃した。「(4年前の)ソチオリンピック当時より、選手としても人間としても成長できたと思います」と感慨深く語ったフェルナンデスだが、ミラノ世界選手権に出場するかどうかは、これから考えて決めるという。

総合4位は中国のボーヤン・ジンに。

 中国のボーヤン・ジンは、『スター・ウォーズ』のプログラムできれいな4ルッツから演技を開始。後半の4トウループで転倒したものの、4サルコウ、4+2トウループと3度の4回転と3アクセル2度の演技を滑り切り、194.45を獲得した。総合297.77で4位になった。

「ここの結果は自分にとって良かった。ぼくはまだ若いし、まだまだ先がある。これからも努力をし続けていきます」と20歳のジンは、通訳を通してコメントした。

最後の演技で3アクセルを降りたチャン。

 パトリック・チャンは演技前に「オリンピックアイスの上で、(苦手な)3アクセルを成功させたい」と語っていた。
 冒頭の4+2トウループは成功させたが、次の4トウループは体が途中で開いて3回転に。だが次に3アクセルを降りて、ループを間に入れて2サルコウをつけた。
 後半の2度目の3アクセルは、彼の恐らく競技人生最後の3アクセルである。勢いをつけて跳び、片手をついたもののしっかり回り切った。だがループが2回転になるというミスがあり、フリー173.42、総合263.43で9位に終わった。

「3度のオリンピックの中で、最高の体験だった。自分のプログラムを楽しみながら最後まで滑り切ることができて、幸せな気持ちで終えることができました」と満足げに語った。

【次ページ】 フリーでは1位だったネイサン・チェン。

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
ハビエル・フェルナンデス
ボーヤン・ジン
ネイサン・チェン
ビンセント・ゾウ
パトリック・チャン
田中刑事
ディック・バトン
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ