野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

清宮幸太郎の肉体を4年半で作った男。
「何が違うって、ポテンシャルです」 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/01/31 11:00

清宮幸太郎の肉体を4年半で作った男。「何が違うって、ポテンシャルです」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

高1の冬、ジムにて。体格的には完成しつつあるが、ビルドアップ度は現在と段違いだ。

1年目からガチガチの結果を残しにいく姿勢。

 身体を大きくすると言えども、単純なものではない。闇雲に筋肉量や体重を増やせばバランスが崩れてしまうので、慎重に慎重を期さなければならない。

 体重自体は増やしても2~3kg。筋肉と脂肪を入れ替えながら、柔軟性、可動域などのアライメントを考慮して多方面からアプローチし、高校ナンバーワンスラッガーから、プロ野球のナンバーワンスラッガーへと相場を変えていく。

 相手は18歳の高校生野手といえども、竹下らから“育成”、“身体づくり”、“プロの水に慣れる”なんて生ぬるい言葉はひとつも聞こえてこない。何の迷いもなく1年目からプロのスラッガーとしてやれるという確信を持ち、ガチガチの結果を残しにいっていることが窺える。

日本人スラッガーというイメージそのものを変える。

 そして見据える先には2年後の2020年をはじめ、その先の世界を舞台に戦う“日本人スラッガー像の変革”という野心までが見えてくる。

「これまでの日本人スラッガーは、A・RODやアーロン・ジャッジなんてMLBのスラッガーと呼ばれる人たちと比べると、ストレングスの差は、まあどう見たって圧倒的に違うわけです。僕も生で見させてもらいましたけど、ハムストリングの発達具合など、千代の富士や若乃花のようでした。

 もちろん技術があるのが大前提ですが、筋量があるのはアドバンテージであり、彼らはそこから信じられないホームランを打つわけです。そして、幸太郎は彼らと同等の位置で戦えるぐらいのフィジカルのポテンシャルを持っている。それは誰にも可能性があるわけじゃない。素質としても選ばれた人間なんですよ。現在の段階でもポテンシャルは未知数で、肉体的にまだまだ余白を残している状態ですからね。

 そこに最先端のテクノロジーとかバイオロジーを駆使していけば、数年後にはNPBの相場を超えて、MLBのスラッガーたちに肩を並べることだって可能だと思っています」

 そして、清宮幸太郎本人もその使命を受け止めていた。

 あの夏の西東京大会決勝で負けた直後からトレーニングに顔をだし、文句も言わずに黙々とトレーニングをこなしてきた。あまりにもマジメに練習に没頭する清宮に竹下が「少しぐらいは高校生らしい青春を過ごしなよ」と助言しても、遊びと呼べるものは竹下の知る限り早実のチームメイトと1日ボウリングをしたのみ。

 9月のU-18を終わってからの約3カ月。自分に何が期待されて、何を為すべきかを知っているこの18歳は、彼の為に特別に用意されたプログラムを黙々と消化してきた。

【次ページ】 ダボダボだったパンツが、スパッツのように。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
清宮幸太郎
竹下雄真
早稲田実業高校
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ