Number PLAYBACKBACK NUMBER

蜷川実花が撮るパラリンピアンの美。
「スポーツ写真に新しい角度を」

posted2018/01/30 08:00

 
蜷川実花が撮るパラリンピアンの美。「スポーツ写真に新しい角度を」<Number Web> photograph by Mika Ninagawa

印象に残る蜷川実花さんの作品の数々。彼女の新たな挑戦として、被写体にパラリンピアンを選んだ。

text by

山内宏泰

山内宏泰Hiroyasu Yamauchi

PROFILE

photograph by

Mika Ninagawa

国内外で絶大な人気を誇る写真家が、パラスポーツの世界に乗り出した。
フリーマガジン『GO Journal』創刊。そこに込められた狙いを語り尽くした。
Number938号(2017年10月26日発売)から写真とともに全文掲載します!

 小さいころから、スポーツはからっきしだった。体育の授業も休みがち。今も運動といえば、

「撮影でいつも身体を目いっぱい動かしているから、それで充分かなと自分に言い聞かせてますね……」

 そんな写真家・蜷川実花が、パラリンピックやパラアスリートをテーマにしたフリーマガジン『GO Journal』をつくることとなった。

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事を務めているので、その関連の仕事かと思えばそうではない。日本財団パラリンピックサポートセンターからの、蜷川個人への依頼が始まりだった。聞けば、パラリンピックを盛り上げるメディアを立ち上げてほしいという。

「理事という立場があったからこそ名前を浮かべてもらえて、お声がけいただいた面はもちろんあるのでしょうね。興味深いし、ありがたいお話でした。やるなら『私にしかできないものにしたい!』と気持ちが燃えましたよ」

リオのメダリスト、辻沙絵を「ナンパ」した。

 パラリンピックへの関心は、理事としてもちろん強く抱いていた。それに昨年には、多くのパラリンピアンと接する機会もあった。

「リオデジャネイロ・パラリンピックの解説を頼まれて、ブラジルを訪れました。そのとき、宿泊先が選手団と同じホテルだったんですね。朝食のビュッフェ会場で見渡すと、誰もが身体に欠損を持っていた。ああ一人ひとりが違う、だからいいんだ。世界はかくも多様だからおもしろいんだな。その光景から、理屈じゃなくそう体感することができました」

 加えてリオへの旅行では、素敵な出会いもあった。空港で陸上競技のメダリスト、辻沙絵選手を「見初めた」のだ。

「荷物をピックアップしていたら、日本代表のジャージを着たすごくかわいい人がいた。税関を抜けるまでのあいだに、迷わず声をかけました。『蜷川と言います、いつか写真を撮らせてもらえませんか』って。ただのナンパですね(笑)。撮りたい! と直感した相手に直撃というのは、ふだんからよくやっていることなんです」

【次ページ】 掲載されているのはファッション・シューティング。

1 2 3 4 NEXT
蜷川実花
辻沙絵

他競技の前後のコラム

ページトップ