Number PLAYBACKBACK NUMBER

蜷川実花が撮るパラリンピアンの美。
「スポーツ写真に新しい角度を」 

text by

山内宏泰

山内宏泰Hiroyasu Yamauchi

PROFILE

photograph byMika Ninagawa

posted2018/01/30 08:00

蜷川実花が撮るパラリンピアンの美。「スポーツ写真に新しい角度を」<Number Web> photograph by Mika Ninagawa

印象に残る蜷川実花さんの作品の数々。彼女の新たな挑戦として、被写体にパラリンピアンを選んだ。

「アスリートは試合のときがいちばんかっこいい」

『GO Journal』、創刊号は11月に発行予定。その後、年に2回の発行を予定している。今後もスポーツと、ファッションやカルチャーが交錯する誌面を目指していくのか?

「基本的にはそうです。さらにはパラスポーツの魅力や興奮そのものにも、もっと迫っていきたい。アスリートのいろんな姿をたくさん撮っていけたらいいですね。

 辻選手のときは実現しなかったんですが、競技をしているさまだってもちろん撮ってみたいですよ。超望遠レンズを使って連写してみたりとか。そういう撮影はほとんどやったことがなくて、写真家としてはものすごく大きなチャレンジになりますけどね(笑)。『アスリートは試合のフィールドに立っているときがいちばんかっこいい』とも素直に思いますからね。

 これまでなかった角度からスポーツとの関わりを提示するメディアでありたいので、スポーツ写真の“新しい角度”もぜひ探っていきたいです」

 パラスポーツと私たちの距離をぐっと縮める媒介役を、蜷川実花と『GO Journal』は本気で担うつもりだ。

(Number938号『蜷川実花「世界はかくも多様だからおもしろい」』より)

ミラクルガールズ。~女子フィギュア 平昌への聖戦~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

蜷川実花
辻沙絵
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ