イチ流に触れてBACK NUMBER

イチロー日本復帰説は本当なのか。
「3年前以上の覚悟を持って待つ」

posted2018/01/21 07:00

 
イチロー日本復帰説は本当なのか。「3年前以上の覚悟を持って待つ」<Number Web> photograph by Kyodo News

「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式で、子どもたちを激励するイチロー。その表情は明るい。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 “イチローが日本に帰るかもしれない”

 メジャー公式サイトMLB.comの超ベテラン記者バリー・ブルーム氏が時期尚早な記事を配信したのは日本時間17日のことだった。

 ベテラン記者はサンディエゴに住むイチローの代理人ジョン・ボッグス氏を直撃。交渉の進捗状況を聞いた。

「私は日本球界復帰については考えたくない。刻々と日は過ぎていくが、私は所属したチームにイチローがとてつもない価値をもたらすと各球団が気付くことを日々望んでいる」

 この言葉の背景にあるものは未だにイチローのもとへ具体的なオファーが届いていないことを意味している。そして、ボッグス代理人はマリナーズに売り込みをかけた事実を明かした。

「私は当初、マリナーズが彼を復帰させる考えを持っているだろうと大きな期待を寄せていた」

 だが、10年連続200安打など数々の輝かしい実績を築き上げた功労者に対し、古巣は現状で興味を示さなかった。

パドレスなどとの交渉を経て“日本に帰るかも”。

 それではと、ボッグス代理人は次に自身が最も多くのコネクションを持つ一大顧客パドレスに話を持ち掛けた。

 返事は色良いものではなかった。「若手主体、未来を見据えたチーム編成」を理由に交渉は頓挫。他球団も同様であったとボッグス代理人は言った。

「私はメッツにも期待を持っていたが、彼らはジェイ・ブルースと契約した。ビリー・ハミルトンが移籍する可能性があったレッズにも期待を寄せたが、それも実現しなかった。我々は次の動きを待っているところだ」

 かくして、記事では“メジャーからのオファーがなければイチローは日本へ帰るかもしれない”となった。

【次ページ】 「3年前以上の覚悟を持って待つ」

1 2 3 NEXT
イチロー
シアトル・マリナーズ
サンフランシスコ・ジャイアンツ

MLBの前後のコラム

ページトップ