プレミアリーグの時間BACK NUMBER

岡崎慎司は現地でも絶賛なのに……。
レスターで6ゴール、謎の控え扱い。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/12/21 11:00

岡崎慎司は現地でも絶賛なのに……。レスターで6ゴール、謎の控え扱い。<Number Web> photograph by Getty Images

果敢にチェイスし、ゴール前での嗅覚も一級品。岡崎こそイングランドで重宝されるタイプのFWだと思うのだが……。

麻也のマークを外してのハーフボレーは現地でも絶賛。

 至近距離からこぼれ球を押し込んだ1点目も、ニアサイドで合わせた2点目も、岡崎らしいゴールだった。

 特に、マークしていた吉田麻也に先んじてバーディーのクロスをハーフボレーで捉えた2得点目は現地でも高評価を受けている。BBCのハイライト番組『マッチ・オブ・ザ・デー』で、解説のダニー・マーフィー(元リバプールなど)に「ストライカーらしい秀逸なゴール」と讃えられた。画面には映っていなかったが、かつての名ストライカー、アラン・シアラーも、マーフィーの隣席で頷いていたことだろう。

 試合後の岡崎は、敗戦後にも律儀にミックスゾーンに現れた吉田に向かって、「気持ちいいから、今日ぐらいしゃべらせてや」と冗談を言っていた。それと同時に「今後もローテーションになるのだろうし、使われた選手が結果を出しているところを見てもらえれば」と浮かれた様子はなかった。

やはり岡崎はレスター向きのセカンドトップなのだ。

 翌節クリスタルパレス戦での岡崎は、また終盤15分程度の出場にとどまった。チームの出来も低調で、代わりにオルブライトンが「こんな内容じゃダメだ」と自認するほどの敗戦だった。

 31歳という岡崎の年齢と、前節から中2日という試合間隔だったのだとしても、フルタイムをプレーしたのは前節が今季初で、リーグ戦先発も9試合目でしかない。

 何より今季リーグ戦で挙げたゴール数は、バーディーに次ぐチーム2番手の6得点である。チームの勢いを弱めないためにも、杓子定規なローテーションとも言える岡崎のベンチスタートには、疑問を感じる部分だった。

 もう1つ、岡崎の有用性を物語る数字がある。

 ピュエル体制下で岡崎が先発した試合は、ストーク戦を含む3試合で勝率67%、勝ち点7を獲得しているのだ。

 どうかレスターの新監督に気付いてもらいたい。岡崎が「レスター向きのセカンドトップ」という商品説明を裏切らないストライカーであることを。

関連記事

BACK 1 2 3
岡崎慎司
レスター
ジェイミー・バーディー
クロード・ピュエル
リヤド・マフレズ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ