沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

キタサンのJC敗因は高速決着か?
鞍上の武豊も「馬場がだいぶ……」。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2017/11/27 12:05

キタサンのJC敗因は高速決着か?鞍上の武豊も「馬場がだいぶ……」。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

オーストラリアで断トツの実績を誇るトップジョッキー、ボウマン。「ミルコを止めたい」という事前の宣言を実現してみせた。

有馬記念はフラットな条件で最後の勝負。

 勝ったシュヴァルグランは道中、キタサンを4馬身ほど前に見る絶好位で脚を溜め、直線で弾けた。キタサンを競り落としたばかりでなく、2着のレイデオロを1馬身1/4突き放したのだから、本当に強い。

 それまで6度GIに参戦して2着1回、3着2回と悔しい結果がつづいたが、ついに悲願のGI初制覇を果たした。

「去年のジャパンカップで3着だった馬が、去年よりいい状態だと聞いていたのでチャンスだと思っていた。ラスト200mでキタサンブラックをかわせると思った」とボウマンは振り返る。

 所有するのは、姉ヴィルシーナ、妹ヴィブロスと同じ元メジャーリーガーの「大魔神」佐々木主浩オーナーだ。先にGIを勝った姉と妹も管理していた友道調教師はこう話す。

「オーナーにとって、男馬でのGI勝利は初めてだったので嬉しかったですね。シュヴァルグランの母ハルーワスウィートは、私が調教師になったとき、預託が決まった第一号なんです。うちの厩舎があるのはハルーワスウィートのおかげです」

 次走は有馬記念。ボウマンを背に再びキタサンブラックと激突する。

 今回は、宝塚記念以来となった京都大賞典から中6週でジャパンカップという、ここにターゲットを絞ったシュヴァルグランに軍配が上がった。

 ともに叩き3戦目となる有馬記念は、キタサンも同じ条件だ。

 名勝負に期待したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

武豊
キタサンブラック
シュヴァルグラン
佐々木主浩

競馬の前後のコラム

ページトップ