JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島名物「食肉のモツ煮」物語。
連覇の瞬間は極上の1杯とともに。 

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/11/25 09:00

鹿島名物「食肉のモツ煮」物語。連覇の瞬間は極上の1杯とともに。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

フラッと訪れるには少々決意のいるカシマスタジアム。だからこそ「食肉のモツ煮」を食した瞬間の幸福は何ものにも代えがたいのだ。

「柏戦、前日は20時から準備しますよ」

 これまでカシマスタジアムでの出店時に優勝を経験したのは2007年の一度だけ。

「ニュースとか見ますよ。やっぱり結果も気になる」

 11月26日、ホーム最終戦となるJ1第33節柏レイソル戦。2度目となる可能性があるこの日、すでにチケットは2009年J1開幕試合の浦和レッズ戦以来となる完売の状況だ。

「柏戦はたくさん人が入るみたいですからね。前日の19時に肉屋の仕事を終えて、20時から準備します。今度の試合も勝ってもらわないとね」

 優勝をかけた柏戦で、サポーターと笑顔で話をするために。今夜も“食肉のモツ煮”を乗せたコンロに、火がともる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鹿島アントラーズ
もつ煮

Jリーグの前後の記事

ページトップ