フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

チャンNHK杯欠場とコリヤダ初優勝。
平昌五輪に波乱の予感が……。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/11/06 16:30

チャンNHK杯欠場とコリヤダ初優勝。平昌五輪に波乱の予感が……。<Number Web> photograph by Getty Images

中国杯でフリーの演技を見せるコリヤダ。パトリック・チャンの心を揺さぶる存在となったのかどうか……。

衝撃的……あのフェルナンデスが6位に終わる。

 一方ショッキングだったのは、優勝候補だったハビエル・フェルナンデスが6位に終わったことである。

 彼の第2戦目はフランス杯だが、そこで優勝したとしてもGPファイナル進出はおそらく厳しいであろう。

 これまで平昌五輪の男子メダリスト候補は、羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン、ボーヤン・ジン、ハビエル・フェルナンデス、そしてパトリック・チャンの6人が名前を挙げられてきた。

 だが今から平昌五輪までの2カ月半の間に、まだまだどんな展開があるかわからない。そして五輪の本番でもサプライズの可能性があることを、中国杯の結果は改めて実感させてくれた。

「チャン、NHK杯棄権!」という突然のニュースが。

 コリヤダが4ルッツを降りてSPで100点越えを果たしたおよそ8時間後、カナダスケート連盟の広報からメールが届いた。

 悪い予感がしてあけてみると、案の定、パトリック・チャンNHK杯棄権のニュースである。

 先週スケートカナダで4位に終わった直後、すでにファンの間ではNHK杯棄権の噂が流れていたようである。

 だが最終日のエキシビション後に本人に確認すると、目をまん丸にして「No, no! 自分にとって最後のGP大会だから、きちんと出ます」と明言した。ウソをついているようには、とても思えなかった。

 帰りの飛行機便の乗り換えでトロントのターミナルで一緒になったときも、「あと3日でもう日本に向けて出発をしないと」と言っていたので、当時は恐らく出場するつもりでいたのだろうと思う。

 あるいは出なくては、と自分に言い聞かせていたのかもしれない。

【次ページ】 ベテラン勢にとって重い肉体的負担となった日程問題。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ミハイル・コリヤダ
パトリック・チャン
ハビエル・フェルナンデス
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ