バレーボールPRESSBACK NUMBER

ドイツ移籍、バレー柳田将洋に直撃。
「成長できる保証がなくても……」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNoriko Yonemushi

posted2017/10/30 08:00

ドイツ移籍、バレー柳田将洋に直撃。「成長できる保証がなくても……」<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

コート内に限らず1日24時間が日本での生活と全く違う。そこにこそ柳田はバレーボール選手としての楽しさを感じているようだ。

体ひとつで勝負する厳しさと充実感を謳歌している。

 話し続けるうち、“僕”だった一人称が“オレ”に変わっていった。

 ないものをただ嘆くのではなく、柳田はマイナスをプラスに変えるべく動き出している。

「これからコンディション管理の質を上げていきたい。日本では周りがやってくれていたことも、ここでは自分でやらなきゃいけない。『代表ではこうだったのに』と言っても通用しないので、『じゃ、やるよ自分で』というスタンスで全部やっていかないと。たとえ『何やってんの?』と笑われても、オレはこうだと思ったら、やらなきゃいけない」

 まずは生活を自分のリズムに整え食事も改善するために、家を借りて1人暮らしを始めた。トレーニングに関しては、トレーナーとの意思疎通を深めて細かな要望を伝えるとともに、チームの練習時間以外にもジムに通って補う。

 柳田は今、体ひとつで勝負する厳しさと充実感を謳歌している。インタビューの最後をこう締めくくった。

「今言えることを簡潔にまとめると、必ずしも海外がいいとは言えないけど、オレは楽しい!」

 その目は、自分で選んだ道を歩いているという誇りに満ちていた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柳田将洋

バレーボールの前後のコラム

ページトップ