Number ExBACK NUMBER

羽生結弦と「バラード第1番」。
ピアニスト福間洸太朗が絶賛の理由。 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/10/26 16:00

羽生結弦と「バラード第1番」。ピアニスト福間洸太朗が絶賛の理由。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

「バラード第1番」にちりばめた表現力と美しさ。羽生の演技は、有名ピアニストの情感にも訴えかけるものだ。

スケーターはアスリートであり、アーティストだ。

 常に現状に満足せず、失敗を恐れずチャレンジする姿勢を貫く羽生や、多くのスケーターの競技に取り組む真摯な姿から、福間自身も大きな刺激を受けている。

「彼らはアスリートであり、アーティストでもあります。自分自身にどんどん挑戦して、理想を越えて、限界に挑戦する。その姿勢を目の当たりにして、自分自身もガラッと変わりましたね。たとえば時期によっては、私たちも演奏会が続いてハードスケジュールになることがあります。さらにはまったく異なるプログラムを1カ月間で、3つ4つ準備しなければなりません。そうなると1つのプログラムにかける練習時間も限られ、気持ちを切り替えるのも実は大変なんです。

 羽生選手の不屈の精神といいますか、妥協しない姿を目の当たりにしてからは、そういった状況に直面しても“これは自分が成長するチャンスを与えてくれているんだ”、“そういう試練をいただいているんだな”と、前向きに捉え、何においても挑戦できるようになりました」

命がけでリンクに上がっている姿に心を打たれて。

 実は、福間は自ら“スケオタ”と公言しているほど熱烈なスケートファンだ。しかし、ドイツを拠点に1年中、世界各地で演奏会を行う忙しい日々を送っているため、ネット観戦が中心。「公式戦を会場で観戦したことが1度もないんです」と残念がる。

「アイスショーには出演させていただいているのですが、なかなかスケジュールが合わなくて。でも、1度は行きたいと思っています。選手にとっては生きるか死ぬかの戦いですし、命がけでリンクに上がっているわけですからね。そういう場面をぜひ生で見たい。

 今季は平昌五輪もあるので本当に楽しみ。羽生選手はアイスショーでも練習でも、常に全力投球ということが十分伝わってきているので、大舞台でどんな滑りを見せてくれるか期待しています。周りからこれまで以上に注目されるとは思いますが、どうやって自分をコントロールし、本番に臨むのか。そういった点も興味深いですね」

 Number938号「女子フィギュアスケート 平昌への聖戦 ミラクルガールズ」では、平昌五輪出場枠「2」をかけて熱い戦いを繰り広げる、女子フィギュアスケートを大特集。ドイツを拠点に世界で活躍しているピアニスト福間洸太朗さんは、音楽家の視点で、今季、女子選手がプログラムで使用する楽曲の聴き所を語っています。詳細は本誌にてご確認ください。
ミラクルガールズ。~女子フィギュア 平昌への聖戦~

関連コラム

BACK 1 2 3
羽生結弦
福間洸太朗
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ