マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

大学4年秋に化けたドラフト候補。
サブマリン高橋礼は緩急の名人だ!

posted2017/10/20 08:00

 
大学4年秋に化けたドラフト候補。サブマリン高橋礼は緩急の名人だ!<Number Web> photograph by Kyodo News

下級生時代から全国の舞台を経験してきた高橋。打者を幻惑するサブマリンには今もなお“需要”はある。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「2017ドラフト会議」まで10日を切って、各球団の“人選”も最終局面を迎えている。

 すでに、広島が広陵高・中村奨成捕手の1位指名を公表。阪神のように昨秋から専従スカウトを早稲田実・清宮幸太郎内野手に張りつけて、事実上の公表をしている球団もあり、文字通り、大詰めの時期に差しかかっている。

 すでに12球団の評価が固まっている選手もいれば、今なおスカウトがプレーぶりをじっと見つめながら、その選手の“ほんとのところ”を測りかねている。そんな「保留組」も少なくない。

 特に今も公式戦が進行中の「大学生」については、1試合ごとに結果が変わったりする。だから極端にいうと、ドラフト当日まで様子を見つめてギリギリのところで判断する場合もある。

 もっと持っているはず、もっといいものを見せてくれるはず。

 今も続くリーグ戦の中で、そんな思いで彼らのプレーを見つめているスカウトがきっと何人もいるはずだ。

 そんなもんじゃないだろう!

 スカウトたちの心の叫びが聞こえてきそうな“じれったい”指名候補たちを取り上げてみた。

高橋礼は“まがい物”のアンダーハンドじゃない!

 3年前、初めて高橋礼のピッチングを見た時、久しぶりに「アンダーハンドのドラフト1位」が現れるぞ! とずいぶんと心ときめかせたものだ。

 スラリとした長身と長い腕。187cmのサイズを175cmぐらいにコンパクトに畳んで、低く潜れる柔軟性とボディーバランスのすばらしさ。

 腕だけ下げて投げる“まがい物”のアンダーハンドじゃない。両肩の角度も地面に垂直近くまで傾けられて、ヒジがきちんと70度ほどの角度をとり、手首も立っているからリリースでボールをしっかり切れている。

 これで、あともう1、2秒浮上するのを我慢できたら……。そのあたりだけが宿題だと思った。

【次ページ】 あと10km速くなったら“ドラ1”だ! と思いきや。

1 2 3 NEXT
専修大学
高橋礼
九州産業大学
井手亮太郎

プロ野球の前後のコラム

ページトップ