Number ExBACK NUMBER

小島太が語るバクシンオーの記憶。
「キタサンを見ると、面影を感じるよ」 

text by

朴鐘泰

朴鐘泰Park Jong Tae

PROFILE

photograph byJRA

posted2017/10/18 08:00

小島太が語るバクシンオーの記憶。「キタサンを見ると、面影を感じるよ」<Number Web> photograph by JRA

サクラバクシンオーは適性距離は1400mまで、マイルは長いという生粋のスプリンター。その“一徹さ”が見る者の心をつかんだ。

キタサンブラックに流れるバクシンオーの血。

 サクラバクシンオーは引退後、種牡馬となり、ショウナンカンプ(2002年高松宮記念)、グランプリボス('10年朝日杯FS、'11年NHKマイル杯)、ビッグアーサー('16年高松宮記念)など、数々の名馬を世に送り出している。

 20年前、最高の相棒との思い出を感慨深く話す小島師。話題は、サクラバクシンオーを母の父に持つ“あの馬”にも及んだ。

「立派な体格をしていて、フォームもしなやかで、スピードも抜群。キタサンブラックを見ていると、バクシンオーの面影を感じるよ」

 現役最強馬は、史上最強スプリンターの血を確実に受け継いでいるのだ。

 Number937号では、小島太氏がサクラバクシンオーのラストレースについて語ったのに加え、ジャパンカップでのオグリキャップとホーリックスの激闘、ウオッカとダイワスカーレット「2cm差の決着」(天皇賞・秋)、有馬記念におけるゼンノロブロイ対タップダンスシチ―「異次元のレコード」のノンフィクション記事も掲載。伝説の名勝負の記憶がよみがえります。詳細は是非、本誌でお確かめください。
この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2
小島太
サクラバクシンオー
キタサンブラック

競馬の前後の記事

ページトップ