サッカーの尻尾BACK NUMBER

柴崎岳は「大舞台で何かする日本人」。
復帰時期がスペイン中の関心事に。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/10/05 11:45

柴崎岳は「大舞台で何かする日本人」。復帰時期がスペイン中の関心事に。<Number Web> photograph by AFLO

柴崎岳はバルセロナを相手にド派手な“自己紹介”を行った。スペイン1部中が、彼の復帰時期に注目している。

降格圏ギリギリのチームは復帰を心待ちにしている!

 ボルダラス監督は「できるだけゴールの近くで使いたい」とし、通常のトップ下よりもCFモリーナに近い、セカンドトップのようなポジションで起用している。後方からのロングボールも多いため、本来であれば柴崎の仕事の1つでもある、中盤で丁寧に作って崩していく展開はあまり見られないものの、サイドを起点にした縦に速いサッカーにもフィットしている。

 ちなみに柴崎の離脱中、ヘタフェはモリーナとアンヘルの2FWを並べる形に変更。サイドには縦への突破が持ち味のアマットとアルバロを並べ、縦に速い攻撃の傾向はより強まっている。柴崎の負傷が癒える頃、ヘタフェはどのようなサッカーになり、どんな順位にいるのだろうか。現在の順位は勝点8の12位で、降格圏までは勝ち点2差。柴崎の復帰を願う声は高まっている。

関連記事

BACK 1 2 3
柴崎岳
ヘタフェ
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ