F1ピットストップBACK NUMBER

ハミルトンvs.ベッテルと鈴鹿愛。
「まるで神の手で作られたような」 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/10/05 08:00

ハミルトンvs.ベッテルと鈴鹿愛。「まるで神の手で作られたような」<Number Web> photograph by Getty Images

マレーシアGPでは2位のハミルトンだが、今のメルセデスチームの強さは過去3年ほど盤石ではない。

「鈴鹿は、神の手で作られたんじゃないかと」

「鈴鹿は、神の手で作られたんじゃないかと思うくらい素晴らしい。誰かが作ろうと思っても、こんな風にはできないと思う。自然の地形を生かしたさまざまなコーナーがあり、それらが絶妙の間隔でつらなっている。鈴鹿はF1マシンのために作られたんじゃないかと思うくらいだ。だから毎年、日本GPに来て鈴鹿を走ることを楽しみにしているし、最終ラップに入るときはいつも残念な気持ちになる。いつまでも走っていたいくらい大好きなコースだ」(ベッテル)

 今年はレギュレーション変更の影響で、ラップタイムが総じて向上している。'06年にミハエル・シューマッハーが樹立した1分28秒954という鈴鹿のコースレコードが更新される可能性も高いだろう。鈴鹿2勝のハミルトンと4勝のベッテル――鈴鹿を愛する2人の名誉を賭けた戦いが始まる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルイス・ハミルトン
セバスチャン・ベッテル
アイルトン・セナ

F1の前後のコラム

ページトップ