SCORE CARDBACK NUMBER

「超速シーズン」に鈴鹿の最速記録は破られるか。~鈴鹿の優勝者がチャンピオンになる確率、実に7割~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/10/03 17:00

「超速シーズン」に鈴鹿の最速記録は破られるか。~鈴鹿の優勝者がチャンピオンになる確率、実に7割~<Number Web> photograph by AFLO

イタリアGPで最多記録となる通算69回目のPPから優勝。首位に浮上したハミルトンはシンガポールまで3連勝。

 祝30周年鈴鹿・日本GP。アジア・ラウンド最後の第16戦、マレーシアからの連戦だ。昨年はN・ロズベルグが鈴鹿初勝利を飾り、同時にメルセデス・チームがコンストラクターズ・タイトル3連覇を決めた。鈴鹿後は残り4戦。L・ハミルトン対S・ベッテルの王座争いは最終盤までもつれるだろう。

 '05年からの過去10回で、鈴鹿ウイナーは7回チャンピオンになっている('07年と'08年は富士スピードウェイ開催)。鈴鹿を制する者が1年を制す、その確率は70%に達する。

 '87年のN・ピケから'11年ベッテルまで11回も戴冠の場となった。それが伝説となり、SUZUKAはクラシック、かつ難易度の高い『ドライバーズ・サーキット』として世界中からリスペクトされるようになった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ルイス・ハミルトン
セバスチャン・ベッテル

F1の前後のコラム

ページトップ