テニスPRESSBACK NUMBER

25歳の伊達公子から早21年……。
あの時と今回、2つの引退の違いは? 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byAFP/AFLO

posted2017/09/26 08:00

25歳の伊達公子から早21年……。あの時と今回、2つの引退の違いは?<Number Web> photograph by AFP/AFLO

引退セレモニーでの伊達。その笑顔は、昔とまったく変わらない輝きを持っているように見えるが……。

「テニスを通じてすばらしい女性になってほしい」

 いつも、やりたいことに正直だったから、シンボルの〈笑顔〉の裏には頑固とか怖いとかいうイメージもついてまわったが、日本の若い選手たちは皆、伊達について、プロフェッショナルだ、ストイックだと口を揃える。

 そんな中、具体的にと問われ、日比野菜緒が持ち出したエピソードは意外だった。

 リハビリの期間中、選手の中では誰よりも近いところで「お世話」をすることが多かったという日比野だけに、どんな壮絶なリハビリ生活の裏話が語られるのかと思えば、「伊達さん、お風呂に3時間くらい入るんですよ」。

 一瞬拍子抜けする話はこう続いた。

「サウナと水風呂と交互に入るんですけど、飽きちゃいますよね。一回おつき合いしてみたんですけど、私は1時間しかもたなくて。多分リカバリーの目的もあったんだと思います。松葉杖で生活しているときも杖を持ち込んで……危ないですよねえ(笑)」

 22歳の日比野が見た伊達の凄さは、好きなことや決めたことを「とことんやる」性格だった。選手たちに聞いてまわれば、こんな思いがけない目撃談はいくつも聞けそうだ。

 そして伊達は全ての後輩たちに、難しいテーマを最後に残した。

「いいことも悪いこともたくさん経験して、テニスを通じてすばらしい女性になってほしい」

 伊達のセカンドキャリアの意味が凝縮された言葉だと思った。

 伊達自身のこれからについては、いつか彼女の心の声がまた驚きの提案をしてくれるのではないかと期待している。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
伊達公子
カロライン・ウォズニアッキ
日比野菜緒

テニスの前後の記事

ページトップ